アジア

韓国の国旗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニョハセヨ~!コッキリンです。

日本のお隣さんである大韓民国(韓国)。旅行で訪れたことがある人も多いのではないでしょうか。

私も訪れたことがあります!!

キムチ、ビビンバ、サムギョプサルにタッカルビ・・・韓国料理大好きです。

韓流ブームが来て韓国ドラマやK-POPなど、韓国の文化も日本に溶け込んできていますよね。

今日は、そんな韓国の国旗について見ていきたいと思います。

韓国の国旗は他ではあまり見ない印象的なデザインですが、どんな意味が込められているのでしょうか。

<スポンサーリンク>

<韓国の国旗 色やデザインの意味>

韓国の旗

国旗の比率、色とデザイン

韓国の国旗の縦横比率は日本国旗と同じ2:3です。

特徴としては、白地の旗の中央に の「太極」と呼ばれる円、その周りに四つの「卦(け)」という棒を組み合わせた形がで配されている国旗です。

韓国政府によると明るさ純粋さ、そして伝統的に平和を愛する朝鮮民族を表しているとのこと。

また、太極のは太陽などのは月や地上などのを表しています。

中心に太極を配していることから「太極旗(テグキ)」と呼ばれています。

太極とは?

韓国政府による公的な解釈によると、

真ん中の太極文様は陰(青色部分)と陽(赤色部分)の調和を象徴するもので、宇宙の万物が陰陽の相互作用によって生成し発展するという大自然の真理を形象化したものである。

Wikipedia

陰陽、善悪、新旧、男女など相反するものからすべての物事は成り立っているとする中国古来の考え方ですね。

太極旗は中国の思想に基づいてデザインされたものと考えられますが、韓国国内では「中国とは関係のない朝鮮固有の模様」とされています。

というのも、中国の易学の観点からみると、太極旗の陰陽の角度や卦の配置は誤りだという議論があるからだと考えられます。

韓国国旗の太極は陽(赤)を上に、陰(青)を下に表されています。これは天は上に地は下にあることを表し、天と地の間に人間がいることで国家が成り立っていると示しているとのこと。

また、太極の概念に卦は八つあり八卦と呼ばれていますが、国旗に配されているのは四つですね。

八卦もあると外国人にわかりずらいという意見があり、四卦に減らしたと言われています。

ではこの四つの卦は何を表しているのでしょうか。

四つの卦が表すものは?

太極旗には左上に(けん)、右下に(こん)、右上に(かん)、左下に(り)の四つの卦が配されています。

太極が陽と陰を生み、陽と陰から四象が、 四象から八卦がもたらされるという考え方があります。

Xiantianbagua.png
伏羲先天八卦の生成

Philolo – 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる

八卦は古代中国に伝わる『易』で吉凶を示すとされていて、占いに使われているので知っている人も多いかもしれません。

この八卦から『乾・坤・坎・ 離』の四卦を国旗に取り入れているのですが、それぞれに意味があります。

(けん)』はとして正義を意味し、『(こん)』はとして豊かな土地を、『(かん)』はとして知恵と活力、『(り)』 はとして光明と情熱を象徴していると伝えられています。また東西南北や春夏秋冬の意味もあるようです。

国旗のデザインをよく見ると天と地を表す 、水と火を表す がそれぞれ斜めの対極に配されてます。

そして、陰陽の観点からみると、陽の要素であるが左側に、陰の要素である が右側に配されていますね。

では、いつからこのデザインの国旗が使われているのか見てみましょう。

<スポンサーリンク>

<韓国の国旗 歴史と由来>

李氏朝鮮時代~国旗制定へ

太極旗が国旗として使われるようになったのは李氏朝鮮時代のことです。

1392年に李成桂によって李氏朝鮮(りしちょうせん)が成立しましたが、しばらくは国旗がありませんでした。

国旗制定の動きが始まったのが1880年。ロシアの南下に対抗するため、朝鮮は 清の属国であることを 清国の国旗を掲げて大々的に示すべきだという意見がありました。

Flag of China (1862–1889).svg
当時の清国の国旗

Sodacan このW3C-unspecified ベクター画像Inkscapeで作成されました. – 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる

この清国の国旗の龍は五つの爪があり五爪龍は中国皇帝を象徴しているため、爪を一つ減らした四つ爪の龍に代えた旗を使用するよう指示があったようです。

しかし、この国旗は採用にはなりませんでした。

太極旗の原案は・・・

1882年に清国から来た馬建忠氏が李氏朝鮮側と国旗のデザインを協議し、白地の旗の中央に太極を置き、周りに八卦を配したデザインが提案され、それが現国旗の原型となったようです。

その後、国旗のデザインは統一されていなかったため、デザインの違う太極旗が同じ時代にいくつも見られたようです。

Flag of Korea (1882–1910).svg
最古の太極旗といわれているもの

Daniil Ivanov – http://bugs.freeciv.org/, パブリック・ドメイン, リンクによる

1949年10月15日に法令で国旗のデザインが制定され、それ以降統一したデザインで制作されるようになりました。


<スポンサーリンク>

<まとめ>

国旗を見たらすぐに韓国の国旗だとわかるデザインですが、このデザインになった背景には、中国の思想が関わっていたようですね。

韓国側は「中国とは関係ない朝鮮の模様」としていますが、清国の馬建忠氏が太極旗(テグキ)の原案デザインにかかわっていますし、関係…ありますよね。

韓国の国旗は、陰陽を表す太極と天地火水の意味を持つ四卦が配された国旗です。

お隣さんですから、覚えておきたいですね。

では、アンニョンヒケセヨ~!

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加